在外日本関連コレクション 博覧会/博物館 調査研究 

在外日本関連コレクションの調査・研究報告 https://researchmap.jp/mamiko

1851年 第一回ロンドン万国博覧会 

1851年、ロンドンで第1回万国博覧会が開催されました。会場となった「クリスタルパレス水晶宮)」は、3,800トンの鋳鉄と700トンの錬鉄、30万枚のガラス、60万立方フィートの木材を用い、英国の絶大な工業力を誇示され、会場の西半分がイギリスの展示場であり、西から中央部にゆくにつれ、カナダ・ノヴァスコシア西インド諸島などの植民地となり、中央部が英連邦大の植民地インドの展示場でした。

144日間の会期中に604万人の入場者を集め20万ポンドの収益をあげました。

その時の展示品を収蔵し、会期終了後も人々に見せることで、産業の推進(見ることでの啓もう)することを目的に、サウス・ケンジントン博物館、現在のヴィクトリア&アルバート博物館が建てられました。

 

ヴィクトリア&アルバート博物館では、当時の水晶宮、開会式のヴィクトリア女王とその家族の絵画、展示品などは、今でもV&Aの常設展示で見ることができます。

 

Study Room resource: The Great Exhibition - Victoria and Albert Museum

f:id:collectionresearch:20220413115656j:plain

1851ロンドン万博展示@V&A 水晶宮模型、展示品、開会式絵画

 

 

絵画は、開会式を訪れたヴィクトリア女王と家族です。

collections.vam.ac.uk

 

V&Aのサイトで、great exhibitionで検索すると、第1回ロンドン万博関連の所蔵品がでてきます。

 

大英図書館のサイトにも1851年ロンドン万博のコレクションがあります。

British Library

ロイヤル・コレクションにもこの万博に関する絵画コレクションがあります。

The Great Exhibition of 1851

 

当時の会場の様子のバーチャルツアーもあります。

The Great Exhibition Virtual Tour - Hyde Park - The Royal Parks

 

1851年ロンドン万博は、万国博覧会として第1回でした。日本語ですと「万国博覧会」という訳ですが、当時、万博には、international exhibition, world's fair、 exposition universelleなど時々によって名称(自称)が違います。

その中でも、この第1回の万博は、Great Exhibitionという名称で開催され、今も、この名称で第1回ロンドン万博のことを指します。

 

このロンドン万博には日本は参加しておらず、中国の展示品に日本の展示品が混じりこんでいたが、日本製品として認識されませんでした。

 

中国の展示場は、中国からの大きな花瓶・清朝官僚の肖像画・青銅器・陶磁 器・屏風・牙彫・七宝焼などが展示された。郵送、出品したのは、中国の福州駐在総領事を務 めていたオールコックです。彼が選んだ工芸品の青銅器や象眼細工、陶磁器、エナメル 細工などが展示されました。馮赫陽「初期万国博覧会に見られる「中国趣味」から「日本趣味」への趨勢について」(『東アジア文化交渉研究』(3)、2010年、513頁。)

 

オールコックは、次のロンドン万博では駐日公使として日本から自身が保有する日本文物コレクションを郵送、出品しました。